もっとも美しいスケート

日本のフィギュアスケートは羽生と宮原頼みになってきた。

これに対して、ロシアの女子からは有望な若手が怖いほど出てくる。

最近驚かされたのが、NHK杯 と Grand Prix Final を制した エフゲニア・メドベージェワ (Evgenia MEDVEDEVA) だ。


そのショートプログラムが前例がないほど素晴らしい。



メドベージェワは、体力のある前半にはジャンプを跳ばない。

バレエのように優雅に舞い、それでも飽きさせない。

音楽は昨今の流れと違い歌が入らないシンプルなもので、演技が一層引き立つ。

ジャンプは加点のある後半に集めて、かつすべて成功である。


Grand Prix Final では、今や大御所となった浅田真央が大技トリプルアクセルでこけて最下位になった。

ロシア人選手もやろうと思えば 3回転半など跳べるのだ。

しかし、それだけではロシア国内では勝てず、芸術表現に磨きをかけている。

ロシア選手は若いうちが華という気もするが、これに太刀打ちできる日本選手はまずいない。

ジャンプが成功は否かしか実況できない日本のスポーツマスコミにも問題を感じる。

冬の時代に突入したかのような日本のフィギュア界。

しかし、意外な救世主が現れることもあるので希望は捨てていない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック