高級カニかま炒飯

代用食品であるカニかまぼこの高級版というのは少し奇妙に思える。

高級カニかまを買うくらいならカニそのものを味わいたい気もするからだ。

とはいえ、カニかまは古都金沢が生んだ世界に誇る練りもの。

'surimi' として新しい辞書にも載り、独自に進化している。


「香り箱」 は、カニかまの元祖 スギヨ が放つ高級品でその地位を確立したらしい。


たしかに、見た目・食感が従来のカニかまよりズワイガニに近い。

とはいえ、価格は意外とリーズナブルでスーパー等であっさり手に入る。

この「高級カニかま」で炒飯を作ってみた。

画像


具はきのこ・小松菜・卵とカニかま、味付けは塩と香りづけの醤油のみである。

ポイントはカニかまを使いすぎないことのようで、よりカニぽく味わえる。


できたものはそれなりに旨い。


しかし、これをほんもののズワイカニと間違える人間はいないだろう。

それで良いのである。

代用食品は手軽に使えてそこそこ旨ければ充分。

それゆえ、たまに口に入れる本もののありがたみが分かるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック