ディズニー 『ライオン・キング』と『アラジン』の違い

ディズニー映画 実写版 『ライオン・キング』 を観た。

”実写版”といっても、全編 CG なのだが、これがすごい!

動物の体毛一本まで精緻に表現され、本ものの実写と区別がつかないほどだ。

ここまで現実に近づくと、もはや撮影する必要がない...というより、撮影したほうがラク?とすら思える。


もちろん、無駄に CG に時間と金をつぎ込んだ映画ではない。

動物が自由に演技(?)できるため、どのような場面も制作可能だ。

すなわち、動物の擬人化には最強のツールといえる。


ストーリー自体は、かつてのディズニーアニメ版と同じものである。

ところが、CG がリアルを極めたため、観ていて不思議な感じがする映画だ。

アニメにあった動物の喜怒哀楽の表情も、リアルな本作では口を動かす程度の範囲内である。

その程度の表情変化で、ライオンが哲学を語り、ときには怒りを爆発させる。

たしかに、リアルな野生動物が表情を変化させたら奇妙なのだが。。

おかげで、暗いシーンではシンバとスカーの見分けすらつかない。

たてがみのないメスライオンや個々のハイエナに至ってはお手上げ。

すなわち、野生動物を観るのと同じ状態なのだ。


本作を観ると、良くできた CG というものの二面性を感じさせる。

リアルなために、野生生物のストーリーに集中できる。

リアルすぎて、自然から外れた一部(歌やコメディ要素)が浮いてしまう。


とはいえ、ここまでやっただけでも本作品は歴史に名を刻みそうだ。


ぽこ太郎動画にもさっそく登場(笑)。




CG といえば、同じくディズニーの 『アラジン』 でも多用されていた。

しかし、こちらは悪ふざけのように使い過ぎ、見どころのカーペットのシーンのありがた味もあまりない。

ポイントとなるキャラクタ、ジニーは何をやってもウィル・スミスのまま。

むしろ感動を呼ぶのは、CG に頼らないラストの船のシーンなのだ。

四季 などの舞台がいかに素晴らしかったか確認できたのは皮肉だ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント