上原の名文

上原浩治 は巨人のエースとして活躍し、大リーグでもレッドソックスのワールドチャンピオンに貢献した名投手。


その彼が一文を寄せているのが、知る人ぞ知る 田澤ルール問題 についてだ。


これは日本のプロ野球を経ず直接大リーグに入った選手は、大リーグを辞めてもすぐに日本のプロ野球界に戻れないというもの。

このルールは、メジャーで活躍した田澤純一投手に由来する。

田澤はコロナ災厄で試合数が減ったため日本プロ野球界に新天地を求めたところ、このルールのせいで機会がないという。


上原の整然とした文章を読めばわかるが「このルールで誰が得をするのか?」と言いたくなる。

日本のプロ野球を無視してアメリカへ渡った者に対する嫌がらせか?

あるいは、「安易に戻るなどと言うな」という精神論か。


しかし上原は書く。

「日本に帰ってきたいと言っても、選手として魅力なければ契約しなければいいだけ」

「安易な気持ちなら、言葉の通じないメジャーに挑戦するはずがない」


たしかにその通りで、スポーツ選手らしからぬ(失礼!)論理的思考だ。

イチロー同様 40過ぎまで一流として活躍するには、これくらいの頭が必要なのかもしれない。


たしかニーチェは「制裁をしつこく要求する者とは付き合うな」と言っていた。


SNS で正義を振りかざし攻撃的な者は醜悪だが、スポーツ界にも体面にこだわる相当に醜い連中がいる。

そういう島国根性の持ち主が「日本球界にとって。。」などと言うから困る。


ある程度の地位に着いたら、もっと野球界・スポーツ界の懐深さを見せてほしいものだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント