私は養殖の味方である

いわゆる「天然もの」がありがたがられるものの代表がウナギだ。

しかし、天然ウナギはほっとくとばかでかく成長する。

しかも皮は靴になるほどの強度だ。

私はかつて噛み切ろうにも歯が立たないすごい蒲焼きに出会ったことがある。

というわけで、「ウナギは柔らかい養殖に限る」と言っていたのだが、年配の美食家に「あなたは本ものを知らない」と一刀両断にされてしまった。

かといって、いくらウナギ好きの天然信仰でも、地球上のウナギを日本人が食べ尽くすわけにはいかない。

資源保護のため うな次郎 もたまには悪くないが、今はウナギの完全養殖を願う私である。


最近ブリの切り身で味噌漬けを作って焼いてみた。

養殖ものは日本海産の天然ものに比べて脂がのっていて身が柔らかい。

もちろん、日本海の荒海で育った天然ものを身が締まって旨いと感じる人はいるだろう。

しかし、日本人の動物性タンパクへの指向は「脂がのって柔らかい」に傾いている。

養殖業も進歩して旨いものを安定的に産みだしていることを認めたい。

豊漁で天然ものが値崩れし養殖業者に悪影響がいくのが心配だ。


天然信仰がいき過ぎると、世界のウナギやマグロを減少させ日本人が白い目で見られることになる。

普段は養殖で満足し、天然は嗜好に応じてたまの贅沢にしていく方が賢明ではあるまいか?


また、肉牛は丹精込めた和牛が世界のどの国のものより、ましてや野生動物の肉より軟らかく旨い。

トリ・ブタなど天然ものを食べる機会はまれで人工飼育のものしか知らない。


野生生物という資源を確保していくためにも動物タンパクは 「基本養殖もの」 を原則としたい。





"私は養殖の味方である" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント