テーマ:グルメ

ブームの逆をいく中崎町

中崎町(天五商店街)は、大阪の繁華街梅田とB級グルメタウン天六に挟まれた地域だ。 世界初(?)の ネコカフェ で知られるが、最近はおしゃれなカフェなどが進出してきた。 そんな中で頑張っている昔気質な店がいくつかある。 ブルンネン は、大変小さなパン屋で、いかにも職人な店主とレジの女性しかいない。 この店の名物は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議な源氏パイ

子供の頃から馴染みがあって、それでいてよく分からないものがある。 源氏パイというお菓子がそれで、浜松の サンリツ製菓 の商品だ。 大阪のスーパーにもよく置いてある。 三立 お徳用源氏パイ 28枚(2枚包×14個)ejapan Amazonアソシエイト by 子供の頃 「モンドセレクション金賞」を知ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑いときこそ麻婆豆腐

NHK 『今日の料理』 で 陳建民 のなつかしい映像を観ていたら無性に麻婆豆腐が食べたくなった。 やはり「暑いときこそ辛いもの」であり、 麻婆豆腐 は夏にふさわしいと中毒症状を起こす。 大阪の麻婆豆腐といえば、 一創(いぞう) であり、あいかわらず辛旨い。 これほどの腕を持ちながら、阪急正雀駅近くの住宅地という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コブサラダを知っているか?

コブサラダ (Cobb salad) をセブンイレブンで買ってよく食べる。 キャベツ、アボガド、チキン、ゆで卵と普通の材料でできた普通のサラダだ。 変わった名前だが、ドレッシングに昆布エキス(?)でも入っているのかと思っていた。 原材料の表示に昆布はないようだが、そういうこともあるかと。。 このネーミングが人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンチトーストは炎の料理?

フレンチトースト卵液に浸したパンをバターで焼いた簡単なものだ。 Wikipedia によるといろいろなタイプがあるが、最近これに凝っている。 卵液をパンに浸みこませるところは誰でもできる。 甘さやスパイスの調整、液体の粘性なども好みでいける。 問題は焼く作業だ。 卵が染みこんだ食パンは思っていた以上にあっと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イタリアン = ナポリタン?

セブンイレブンのケチャップまみれのパスタ。 ソーセージ、ベーコン、ピーマン、タマネギとまさに「おもひでの懐かしきナポリタン」の味。 ケチャップの嫌いな子供とチョコレートの嫌いな女性には遭ったことがない。 ところが商品名は「イタリアン」とある。 イタリアンはフレンチと同じく国名の形容詞で、料理のカテゴリーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが大阪のラーメンや!

大阪に限らず、あまりラーメンの食べ歩きをする気が起きない。 理由はかなり明快だ。 ラーメンの本場は九州で、それ以上に旨いものは考えがたい。 京都の天下一品や北海道の旨いラーメン店の多くも九州に源流を持つようだ。 近所の 開運丸 や 副将軍(閉店) も同様だった。 関西の食文化を象徴するラーメンはないものか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日のカレー

サラめし という番組によると、海上自衛隊では金曜日にカレーライスを食べる伝統があるそうだ。 大日本帝国海軍以来の伝統らしい。 しかも、艦ごとに(つまり料理人ごとに)味が違いお互い競っているという。 のどかな話である。 さて、大学の食堂にも名物のカレーはある。 しかも、かなりのこだわりようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨まで近大マグロ

近畿大学といえば、今や日本一入学志願者が多い大学とされている。 完全養殖の「近大マグロ」を作り出した功績は大きい。 ちなみに同大学から出荷されたマグロには卒業証書(保証書)がついていることで知られる。 大阪や東京でも人気がありすぎてなかなか食べられない近大マグロ。 そんなマグロを使ったカップ麺が登場した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミドリムシが気になって仕方ない

最近よく見かけるのがユーグレナこと ミドリムシの広告 。 私が結構関心があるせいか、いろいろなサイトから誘導されてしまう。 しかも適度に「理系」なこの広告、読んでいるとふらふらと注文ボタンを押しそうになる。 マンガの石垣部長のような人がそこらへんにいるとも思えないかもしれない。 しかし、これが体力・精力減退の中年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹田 C級グルメゾーン

B級グルメとは安い価格の中で工夫を凝らし旨いものを食わせるというジャンル。 これに対し、C級は価格を追求し、味をおざなりとはいかないまでも二の次にしているジャンルではなかろうか? 吹田駅からダイエーに直結しているビルの地下には、そんな店が詰まっている。 夜は飲み屋街で、立ち飲み屋は昼から盛況だが、とりあえず関係ない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の団子と占星術殺人事件

ジョン・健・ヌッツォ の歌うコンサートの帰りに 下鴨神社脇の 加茂みたらし茶屋 に寄った。 下鴨神社はお菓子と関係が深いそうで、特にみたらし団子はここの名物だ。 団子の数と串への刺し方も信仰と関係がある。 5つという数は人体の五体を意味し、一つだけ離れた先頭の団子は頭部らしい。 それを聞いて思い出したのが、かの『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにお別れ 艸葉のカキフライ

大阪堺筋本町にあった洋食屋 レストラン艸葉(くさば) が閉店した。 高齢の兄弟がやられていたので覚悟していたが、寂しいものだ。 後継者は、おられないのだろうか。 常連のふりをして今まで書いてきたが、ここでは カキフライ 以外食べたことがない。 カキフライ大阪代表を艸葉とするなら、東京代表はどこだろうか? カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサマン は、世界一旨いのか?

朝ドラのようなこの名前、実はタイのカレー料理である。 高級スーパーとして知られる成城石井でもかなり推している。 「世界一」という触れ込みに思わず買ってしまったが、かなりの当たりだった。 インドは不動のカレー大国だが、短時間の調理でスパイシーなカレーが一般的。 調理してから長時間を経て食べられるレトルトカレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼんち揚げと歌舞伎揚げは違う

歌舞伎揚げを食べていたら、大阪の人に「ぼんち揚げ食べてる」と言われ面食らった。 スーパーや100円ショップでも見かける歌舞伎揚げはゴマ油の風味が効いた醤油味の揚げ菓子だ。 これに対し、大阪の ぼんち株式会社 による ぼんち揚げ は、出汁の効いた薄味。 歌舞伎揚げに比べると結構上品であり、れっきとした関西の食文化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くまモンに頼るな

くまモン といえば熊本の観光大使のようなゆるキャラで、間違いなく全国に浸透している。 ディズニーランドのネズミと違って、くまモンには分身がいたるところにいる。 千里中央で数回見かけたし、博多駅で出会い頭にぶつかったこともある。 正直、最近は露出しすぎで食傷気味である。 特に熊本関連の商品にくまモンの絵を貼り付けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インスタント麺でも旨いものは旨い

最近食べた乾麺の蕎麦がけっこう旨かった。 柄木田製粉 という小麦粉の卸を専門にする会社の製品だ。 ウェブサイトで分かるように、同社は信州長野の製粉所である。 粉もの普及の啓発活動にも努めている。 食べたのはオーソドックスな二八蕎麦で、しっかり蕎麦の香りがする。 というか、巷の蕎麦屋と比べてもそん色が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高岡のコロッケ 健在

富山県高岡市にはコロッケだけの ウェブサイト がある。 ずいぶんと歴史あるサイトで、よく続くものだと感心する。 富山県は共働き率が高く、そのためか総菜屋が多いと聞いた。 福井県は、県が制度を整え出生率を高めているという。 北陸地方は意外と先進的なのかもしれない。 「加賀百万石」に見られるように北陸では金沢一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍品 牛すじカルボナーラ

神戸リュリュ (RYU・RYU) は、阪急沿線を中心に展開するパスタ専門店だ。 メニューが豊富で値段が手頃なので、私も時々利用する。 若者だけでなく洋食好きの神戸マダムの群れを見かけることもある。 この店は オリジナルのレトルト を出している。 「有名店の味を再現」といった大手の提携商品でなく、自社製品だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなウィスキー飲みたいか?

日本のウィスキーといえば、SUNTORY と NIKKA、それに KIRIN(富士山麓) くらいしか思いつかないかもしれない。 ところが、世の中、広いもので、地ウィスキーというものが結構ある。 比較的知られたもので、マルスウィスキー というのがあり、「駒ヶ岳」は手に入りにくい高級品だ。 同社の マルスアンバー は、手ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹鶴17年が世界一に

ウィスキーマガジン によると、 竹鶴17年 が WMA2014 の World Best Blended Malt Whisky に選ばれた。 ニッカ 竹鶴17年 ギフトボックス 700ml 1箱アサヒビール株式会社 Amazonアソシエイト by Nikka 創業者の名前を冠しただけあって、竹鶴シリーズは世界に誇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のウィスキー

高尿酸脂血症(痛風予備軍)の宣告を受けてからビールを控えてきた。 昨夏は大変暑かったが、ビールの代わりにウィスキーのソーダ割り(いわゆるハイボール)に徹した。 水で割らずにいろいろ飲むようになってからは、Bowmore の12年を基準にしている。 味・価格ともに安定した Bowmore 以上に旨くなければ敢えて冒険しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごい! ぶどうパン

東京出張のついでに谷中周辺を歩いた。 谷中銀座には下町風情を求める観光客が多くやってくる。 狭い通りには立ち食いを推奨するかのような店舗が並ぶ。 コロッケに列をなす光景というのはそうあるものではないだろう。 あまりに腹が減ったのでメインストリートから外れたパン屋に入ってみたら、この店のぶどうパンが凄かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超 でかいナンの店

以前、 でかいナンを出すインド料理店 を紹介した。 しかし、上には上がある。 蛍池の ネパールキッチン Kathmandu のナンはただごとではない。 なにせ皿からはみ出すのは当たり前、テーブルに乗りきらないので折りたたまれて出てくる。 同店のメニュー からはそれが伝わらないのがもどかしいほどだ。 注文して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONY RX100 で撮った食べもの (和食 2)

和食は視覚を食欲に結びつける世界でもまれな料理。 『プレゼンテーション ZEN』の著者 G. レイノルズ は自身のプレゼンを日本の石庭と和食の盛りつけに学んだと語る。 プレゼンテーションzenデザインピアソン桐原 ガー・レイノルズ Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONY RX100 で撮った食べもの (和食 1)

SONY の RX100 を購入して一年近くが過ぎた。 幸いにして、これを超えるコストパフォーマンスを持つカメラは出現していない。 写真にして映えるのはなんといっても和食であろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッカ宮城峡蒸留所に驚いた

酒造や蒸留所訪問は私の趣味の一つだ。 サントリー山崎蒸留所 には今年だけで4回行った。 サントリーの山崎・白州にあたるのがニッカの余市・宮城峡の両蒸留所だ。 仙台での仕事のついでに 宮城峡蒸留所 に行ってきたが、これがかなり楽しめるのである。 山崎蒸留所は名水の里とはいえ京都と大阪の狭間にあり、JRでも阪急でも行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンバーグ 3連発

子供の嫌いな食材を食べさせる方法といえば、細かく刻んでメインの食材に混ぜること。 炒飯やハンバーグなどその代表といえる。 言い方を代えるなら、市販のハンバーグの中身に何が入っているか分かったものではない。 私も長いこと食指がわかなかったが、最近になってこの料理に興味を覚え、何軒が食べ歩いている。 <竹園 (JR …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONY RX100 で撮った食べもの (エスニック)

トルコ料理はトマトとヨーグルトという私好みの素材を使うので外れがない。 最近見つけたのが サクルエブ という芦屋の店。 ここは、あまり日本人に合わせない本場の味がウリらしい。 対照的に日本人に合わせてさまざまなアレンジがされてきたのが中華料理。 世界中に中華…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊中の秘境、庄内

庄内というと山形県の米どころ庄内平野を思い浮かべるかもしれない。 しかし、大阪の庄内は趣きが大きく違う。 最初に行ったのは、阪急庄内駅の西側にある 大阪音楽大学 のレクチャセミナーであった。 同大学には、大学付属で全国初のオペラハウスがある。 また、ポピュラー音楽の専攻科があり、多くのジャズミュージシャンを輩出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more